家庭学習について

「宿題のほかに、家で何をしたらいいのでしょうか?」という保護者のみなさまのご質問をよくいただきます。

一部分ではありますが、以下のようなご提案をさせていただきます。

 

インファント:YouTubeの検索で“Super Simple Songs”と入れてみてください。たくさんの動画がでてきます。レッスンで歌う曲はだいたいそこで見ることができます。

 

また絵図鑑などCD付きのものもあり、単語を覚えたり増やしたり楽しく使えますのでお勧めです。アルファベットのポスターなどをおうちの壁に貼っておくなど、環境づくりも子どもの興味を育てるのに役に立ちます。

 

小学生:低学年、高学年ともに一日のある時間を英語に費やしてみてください。YouTube で楽しそうな番組を見る、英語アプリをインストールしてみるなど一日10分でも5分でも継続してください。

 

高学年の方にはNHKの語学番組はよいと思います。CD付きのテキストも売られているので放送時間を気にしないでも学習できます。パソコンでリーディングとその読解をゲーム感覚で楽しめる教材なども良いと思います。

 

最近は図書館でも本があるところが多いのでそれを利用することもできると思います。意味は分からなくてもよいのでまず声に出して読むことです。読めないからといつまでも敬遠しているとなかなか読めないものです。

 

初心者でもまず書いてあるものを読むという習慣づけをしていくのが大事です。

 

インターナショナルスキルズと中学生以上:英検2級以上を目指す人が多くなってきましたが、長いもの(映画、ドラマ、ノンフィクションなど)を英語で見たり聞いたりしてください。

 

聞こえたセリフなどをシャドウイング(聞いたものを即座にマネする)は有効な学習手段だと言われています。ノンフィクションなどでは同じ言葉がよく繰り返されますので、耳で覚えて、後で辞書で意味や使い方を調べるとよいです。

 

英語力がついてきているのに使おうとしないことが問題なのでレッスンでは間違ってもよいのでしっかり使うことを心掛けてください。また私の帰国子女の友人が学生時代にメモを全部英語で取っていました。

 

忘れないためだと彼女は言っていましたが、それをやってみることで覚えることもあると思います。